さぁ、自由業でスタート!ターゲットを明確にした事業計画が重要です!

さぁ、自由業でスタート!ターゲットを明確にした事業計画が重要です!

さぁ、自由業でスタート!ターゲットを明確にした事業計画が重要です!
サラリーマンのような気楽な稼業ではありません!

サラリーマンは、何といっても毎月の給料が保証されていて、多少仕事に失敗しても、それなりの対応で済む場合が多いといえます。もちろん、サラリーマンにはサラリーマンの苦労があるのは当然で、決して楽ではないという人もいるでしょう。しかし、自営業に比べると、やはりその責任と結果のとらえ方が根本的に異なります。自営業で独立してみて、はじめてサラリーマンがいかに気楽だったかということに気付く人は多いようです。それでも独立して自営業を始めたい人が後を絶たないのは、やはり一国一城の主になって、自分の好きなように仕事ができる点に大きな魅力があるからではないでしょうか。

今までの知識と経験を活かすか、全く新しい業態か?

自営業をスタートするに当たり、基本計画を作成することが必要です。学校を卒業していきなり自営業を始めるという人もいるでしょうが、一度サラリーマン生活を経験したあと、自営業に転身するという人の方が多いのではないでしょうか。その場合、今まで働いていた会社で得た知識や経験などを活かした形で独立するか、それとも全く新しい分野にチャレンジするかという二通りが考えられます。自営業の場合、比較的小規模での事業が考えらえるので、フットワークの良さが活かせるような業態がお勧めでしょう。最も一般的な業種に士業や資格を活かした仕事が考えられます。医師や弁護士に始まり、司法書士や行政書士、さらには様々な資格を活かした自営業が代表的な例として挙げられます。あるいは、最近注目される飲食業も成功すれば世界に拡がる大きなビジネスになる可能性を秘めています。

どんな市場を狙うのかを明確にすることが重要です!

自営業を始める際に最も重要な基本計画の中身に、ターゲットの明確化があります。つまり、狙う市場と顧客層を絞り込むことを示しています。ただ漠然と事業を始めるよりも、予め対象になる顧客を絞り込み、その層に合った事業展開のほうが結果が出やすいといえます。物販でもサービスでも、それを求める顧客層の要望や希望に沿った形で事業を進めることがビジネスの基本です。ターゲットがあやふやなビジネスの場合、失敗する確率が高く、成功したとしても、そこに至る時間と手間が大きくなるでしょう。小さな規模で始める自営業でも、最初に対象の顧客層を絞った事業戦略を立てれば、うまくいく点といかない点がより明確に見えてきます。良い点はさらに伸ばし、悪い点はすぐに修正するという素早いアクションを取るためにも、この顧客層の絞り込みは基本計画段階で最も重要な作業の一つです。

フランチャイズシステムとは、本部と契約を結んだ加盟店が、ロイヤリティ等の対価を本部に支払うことにより、商標等の使用権や製品の販売権を取得し、短期間で事業を開始できるビジネス形態を言います。

No comments.