知らないともったいない!?ウォーターサーバーで使われている2種類の水

知らないともったいない!?ウォーターサーバーで使われている2種類の水

知らないともったいない!?ウォーターサーバーで使われている2種類の水
使われている水は大きく分けて2つ

今や商業や公共施設だけでなく、一般家庭にも広く普及したウォーターサーバーですが、サーバーに使われている水には大きく分けて2つあることをご存知でしょうか?1つが天然水と呼ばれるもので、特定の地域から採水して、極力成分に変更を加えずにボトリングした水です。スーパーのミネラルウォーターコーナーで買えるのもこのタイプの水です。そしてもう1つのタイプの水がRO水です。こちらはろ過を重ねて不純物を取り去っているのが大きな特徴なんですよ。

体に良いミネラルをたっぷり取れるのが天然水

ウォーターサーバーで利用できる水の中で、天然水はミネラル成分が非常に豊富な点が最大の特徴です。天然水は人によってどの採水地の水が好きといった好みがありますよね。その好みを左右する水の味や口触りはこのミネラル分である各栄養成分の量や比率によって決まります。ウォーターサーバーはほとんどの取り扱いメーカーが復数の採水地の天然水を用意しています。このため自分の好みの天然水を、ウォーターサーバーを通して探してみるのもおすすめですよ。

安全でクリアな水が飲みたいならRO水を

RO水という言葉をウォーターサーバーの利用者の方や、水に興味がある方なら聞いたことがあるでしょう。RO水は何重にもフィルタリングされた天然水や水道水が使われており、不純物がほとんど含まれていない純水とも呼ばれるタイプの水です。フィルタリングは逆浸透膜法と呼ばれる手法で行なわれており、ミクロン単位の大きさの不純物すら取り除くほどです。このRO水には不純物がほとんど成分に存在しないため、体の弱い子どもやお年寄りには最適な飲料水として、ウォーターサーバーでは重宝されているのですよ。

ウォーターサーバーは、とても利便性が良いものです。温かいお湯も、冷たい水もすぐ飲めます。最近のものは、スリムになり場所もとらなくなりました。

No comments.