トイレ詰まりを自分で解決する時の吸引カップの使い方3選

トイレ詰まりを自分で解決する時の吸引カップの使い方3選

トイレ詰まりを自分で解決する時の吸引カップの使い方3選
察知した時にも吸引カップを使います

トイレ詰まりには二通りのタイプがあります。一つはハンドルを回しても、流れていかないで水位が上がってくる場合です。これは完全に排水溝がふさがっている状態です。もう一つは、ハンドルを回して水位が一度上がってくるのですが、その後少しづつ下がっていく時です。これは排水溝に詰まっているのですが、空間があり水の流れがある状態で、放っておくと完全に詰まってしまいます。このような時に、吸引カップを使うと難なく通過させることができます。

吸引カップを使う時の状態

トイレ詰まりの用意にと、ホームセンターなどで販売している吸引カップを揃えている家庭は多いものです。ところが、実際にこの道具を使う機会に出会うことは稀なのです。そのために、使用の仕方を知っている人も稀なものです。いざ本番となって、手にして便器に突っ込みパコパコと押し付けても何の効果もありません。この道具は詰まりを水圧で動かそうとするものなのです。そのためには、カップの上まで水がなければダメなのです。バケツで汲んだ水を流し込むことです。

トイレ詰まりが強固な場合の使い方

吸引カップを使用して何度もパコパコと押し付けているのですが、詰まりが強固で解決できないときの対応策です。吸引カップは、水圧の力を使って排水溝を塞いでいる異物に隙間を作ることなのです。そのために、便器の水位を更に上げて水圧を高めることです。そのためには、水が飛び散る可能性があるので用意が必要です。大きめのビニールの中心に穴を開けて、吸引カップの棒を通して便器に被せて水(汚物)が飛び散らないようにして行うことです。

水漏れを発見したならば、ただちに水道修理を依頼すべきです。専門の業者は24時間365日の対応を行っています。

No comments.