これはやってはいけない!トイレ詰まりを発生させる要因

これはやってはいけない!トイレ詰まりを発生させる要因

これはやってはいけない!トイレ詰まりを発生させる要因
流してはいけないものを流す

トイレ詰まりはいやなものです。汚物にまみれた便器を見るのは気分が良くありませんし、そういった便器を他人に見られるのも大変恥ずかしいため、できればトイレ詰まりは起こしたくないものです。そもそもトイレ詰まりは、トイレが汚水逆流や虫などの侵入を防ぐために複雑な構造を有しているために起こってしまうのですが、その原因の大半は水溶性のトイレットペーパー以外のものを流してしまうことにより発生します。どんなに小さなものでもトイレ詰まりを発生させる可能性があるため、流してはいけないとなっているものをトイレに流してはいけません。

大量の汚物とトイレットペーパーを流す

流してはいけないものではないとされるものでも、大量に汚物とトイレットペーパーを流してしまうとトイレは詰まってしまうことがあります。例え、水に流すと溶けてしまうようなものでも限度があります。そうした溶け残りが便器の排水路に貯まり、水による圧力がかかることで固まっていって、結果詰まりを生じてしまうのです。異物を流す場合以外では、ほとんどのトイレ詰まりはこのことが原因で発生します。これを防ぐためには、何回かに分けてトイレを流すようにするしかありません。

トイレを流す水流が足りない

トイレは水流によって汚物とトイレットペーパーを押し流します。この水流が足りないと排水路にそれらが残ってしまい、結果上記で述べたような詰まりが発生してしまいます。従って十分な水流を確保することも、トイレ詰まりを防止する上では重要です。また、タンクに水を入れたペットボトルなどを浮かべて節水を試みる人もいますが、これによりトイレの水流が不足してしまうことがあるので注意が必要です。エコのために行ったのに、結局発生してしまったトイレ詰まりを解消するために多くの水を使うことになってしまうかもしれません。

トイレ詰まりが起こって自分では解決が難しい状態の時にはプロの業者に依頼をすれば迅速な解決が出来ます。

No comments.